賃貸物件を契約する時に必要な費用は仲介手数料、敷金、礼金、前家賃などがあるので契約時に把握しておきます。

賃貸を借りるのに必要は費用とは
賃貸を借りるのに必要は費用とは

賃貸を借りるのに必要は費用とは

賃貸に入居する場合には毎月の家賃の支払いが必要になります。ただし入居の際の契約時にはほかにも費用が必要になります。新しい住まいを探す時にはこれらの費用が必要になることも頭に置いて予算を考える必要があります。また物件によってこれらの費用は異なるので物件探しの際にはよく情報を入手するのがのぞましいです。

一般に賃貸の契約をする際には、仲介手数料、敷金、礼金、前家賃が必要になることが多いです。仲介手数料は物件をあっせん仲介した不動産会社に支払うものです。敷金は管理人へ預けておくお金で退去時の修繕費などに使われ、残りは返ってくるものです。礼金は管理人への気持ちを表すもので省かれる場合もあります。前家賃は入居して初月の家賃を1〜1.5カ月分前払いするものになります。これらを合計するとだいたい家賃の4か月分くらいに相当するとされています。

ただし物件によっては敷金、礼金が不要というところも増えてきており、予算が少なくてもすぐに入居できるのがメリットです。敷金が不要な賃貸は退去時に必要に応じて修繕費やクリーニング代を払うことになります。これらの費用に関しては契約時にしっかり把握しておかないと後で管理人とトラブルになる場合もあるので注意します。